鍵谷祭のおでかけ
(2013年5月28日)



 梅雨入り直後で天気予報は雨。

 
...のはずでしたが

 なぜか雨は降っておらず。



 さて

 幼稚園の玄関先に

 年長さんが集合しています。

 今日はどこへ行くのでしょうか?






 子どもたちが

 幼稚園をあとにします。


 垣生(はぶ)の街を縦横に巡る道は

 どれも細道で

 子どもたちのおでかけには

 もってこいです。
 







 ふぉぉぉ...

 なぜ街にパンダが


 ぱんジャくんとの遭遇です。


 ぱんジャくん、愛媛生まれらしいです。

 なので、手相がミカン柄です。







 まだまだ細道を行きます。


 
 


 ...すると、お堂が見えてきました。


 今日の最初の目的地

  「鍵谷カナ頌功堂
  (かぎやかなしょこうどう)」 です。

 
 






 立派なお堂です。

 このお堂、文化庁から 「登録有形文化財」
 の指定を受けているため、普段は立ち入り
 ができません。

 (今日は特別...。)


 鍵谷カナさんについてお話を聞き、

 お参りをしました。






 さてお堂をあとにして

 また歩きはじめます。


 次の目的地。

 三嶋神社そばにある

 街の公民館です。








 


 そう この日のもう一つの目的は
 お買い物です。


 買いたい物を探して
 お店の人から値段を聞いたり、

 お財布に入れてきた硬貨で
 買えるのか確認したり。





 ねぇ

 いくら残っとる?


 まだ買える?


 (相談中。)


 お世話して下さった街の方たちのおかげで

 お買い物に挑戦できました。



 いつもありがとうございます。






 気になったものを

 バッグに入れたら


 また細道を通って

 幼稚園に帰ろう。
 




(おわりに)


 鍵谷カナについて

 久留米絣や備後絣と並び、伊予絣は「日本三大絣」に数えられる伝統工芸です。

 鍵谷カナは、ちょうど幼稚園のある(当時の)垣生村(はぶむら)に生まれ育ち、
 その後、1800年代の初期に伊予絣を考案し、広く世に送り出すことになります。

 垣生村という小さな街でその大仕事を成し遂げた鍵谷カナの功績を称えるため
 街では毎年、彼女の命日にあたる5月28日に慰霊祭(通称「鍵谷祭」)が行われます。

 没後150年近くにもなりますが、伊予絣も鍵谷祭も、今も静かに生き続けています。



 
 
伊予絣をつかったブックマーク