田植え 時々 ドロ遊び
(2013年6月17日)



 幼稚園のある
垣生(はぶ)には

 まだ

 たんぼが残っています。


 だんだん減ってきているのですが

 まだ 残っています。


 稲作農家の一色のおいちゃんが

 今年も子どもたちに

 田植えのお話を聞かせてくれます。








 うまく

 歩ける?




 ママの車に乗って

 幼稚園バスに乗って

 窓から眺めていた田んぼって


 こんな感触。









 どろどろのドロと

 軽〜い苗を手に


 今日はお仕事。






 真っすぐ植えられるように

 目印を置く昔ながらの方法で

 狙いすまして

 苗を植えこみます。


 なかなか

 うまくは

 いかないけれど



 うまく

 うえられる

 こともある。







 たんぼに

 足を

 つかまえられます。


 これが苗。


 5本1束にして

 親指と人差し指

 それと中指で持ちます。


 これを昔は


 100列も...

 200列も...






 日差しを受けて

 たんぼの水が

 ちょっと温かいことを

 発見。


 田植え

 時々

 ドロ遊び。



 農家のおいちゃんに

 100日お世話いただいたら

 おいしいお米に育つかな?


 子どもたちが

 遠い秋を待ちます。