夏山お泊り保育(1日目)
(2014年7月21日)



 今年度も1学期が終わり

 夏山のお泊り保育の季節がやってきました。



 出発前の「はじめのつどい」の時間です。

 昨日はよく眠れたかな?



 いよいよ家族と離れ

 バスで山へ向かいます。



 ちょっとさみしい?

 ワクワク? ドキドキ?








 街を離れ 山間を進み

 バスは「冨士山(とみすやま)」に

 到着したようです。








 お天気に恵まれました。






 



 木陰で少し休憩です。


 この日は

 木陰の中を通り抜ける風が

 少し涼しいくらいの気持ちいい日でした。


 木陰を出た子どもたちが

 遊びだしたようです。


 本当にいい天気です。




 いろいろ遊具がありますね。


 子どもたち気のままに遊べる環境が

 とてもありがたいです。







 ヒョイヒョイっと



 わ...


 わぁ 登ったねぇ〜!



 



 ...こわくはないの?


 (なんと身軽な。)
 



 








 天気はいいし

 空は青いし

 緑はきれいだし
 


 いくらでも遊べます。



 アスレチックは気持ちいいし



 ゴロゴロすべり台は

 (...ちょっとお尻がいたいけれども)

 でも楽しい。
 
 




 



 水筒を下げた子どもたちが

 歩きはじめました。



(こんどは どこへ?



 



 どどーん...



 待っていたのは

 急こう配で

 先の見えない

 かなりの階段。



 



 まだ元気...かな?



 さぁ アタック開始。


 



 おぉ まだエネルギーは

 なくなっていませんね。



 これなら大丈夫そうです。




 山頂を過ぎてほどなくすると

 肱川(ひじかわ)流域の平野が現れます。



 奥行きのある

 広い広い 山と平野の景色です。




 疲れたけれど...

 気持ちいいねっ!!!





 ...ということで

 ...こんな機会もなかなかないので



 声の限りの

「やっっっほぉぉぉーーーー」しました♪

(あぁ、気持ちいい。)





 


 さて

 展望台で記念写真におさまったら



 もっともっとその先まで

 山の奥へ向かいます。





 子どもたちが

 お世話になる山宿に到着したようです。



 今日から2泊3日

 よろしくおねがいします。







 


 毎年迎えてくれる田中さんとの

 ご挨拶。


 山宿生活のスタートです。







 まずは館内を見学し

 生活の場を確認します。



 山宿さん

 少しの間 お世話になります。







 


 今日はたくさん動いて

 たくさん歩きました。







 おなか

 空いてた?







 明日に向けて

 エネルギーのチャージです。





 たくさん食べて


 また明日 たくさん遊ぼう。









 


 - snap shots -




 山道を歩いていると

 子どもたちがたくましくなっていくのを

 肌身に感じます。





 「年長になったんだ...」と、

  肌身に感じます。






 ふと

 入園したての頃のおぼつかなさを思い出すと









 今の彼らが

 とても頼もしく思えます。











 お母さん や お父さん と

 お友だち や 先生たち と

 いろんな人と過ごしてきた

 何百日にもなるこれまでの毎日のように








 今日も









 彼らを育てる貴重な1日で

 ありますように。











 さーーーて

 明日は

 もっと遊ぶぞ!!!














              つづく