夏山お泊り保育(2日目)
(2015年7月24日)



 2日目の朝を迎えました。



 山里の朝の空気は

 本当に気持ちがいいです。




 廊下の窓からも日差しが入りはじめましたね。

 よく眠れたでしょうか?



 布団も片付け

 身支度が進んでいるようです。







 子どもたちが外に集まりはじめました。

 まだ...少し眠そうです。









 「あーたーらしーいーあーさがきたっ

  きーぼーおーのーあーさーだ」


 たんぽぽ組さんの歌で

 ラジオ体操開始です。



 よっ... と。



 体がだんだんと目覚めます。










 「ちゃんとラジオ体操しました」

 の、ハンコをもらいます。






 それから

 朝のつどいの時間です。



 その頃 大広間では


 2日目の朝食当番さんの準備が

 整ったようです。


 朝食を終えたら


 お泊り保育の2日目の活動がはじまります。
 



 


 宿を後に 出発したようです。



 今日は、何が待ってるかな?
 


 気持ちよく晴れてくれました。





 目に映る景色がいつもと違い


 発見があちこちにあったりするので


 歩いている時も





 なんだか楽しそうです。
 


 空気がおいしいです。




 お 水源に出てきました。

 



 少し 山肌を降りる風が吹いていて

 滝壺で生まれた霧をふわふわと運ぶので

 一帯がひんやりとして気持ちいいです。



 それに とても静かです。





 あ、絵に描いたようなカタツムリ。


 葉っぱの上なら

 カタツムリも安心かもしれません。








 てくてく
 



 てくてく てくてく



 !!!!!?



 なんかおるっ!




 !???? (何っ!?)


 ギャ...



(珍しさと

 微妙な感じが交錯したこの空気は...)


 どどーーん。



 山はなんでも大きい。

 アリもスズメも大きいのです。

 ミミズも大きくなるんです。

 





 芝生の庭に出ました。



 草木の緑

 青い空

 流れゆく雲


 本当に気持ちいいです。

 


 あのこがほしい

 あのこじゃわからん

 そーだんしよお

 そーしよお


 (懐かしい...。)


 暑いのですが

 日なたにいても

 木陰にいても


 とても気持ちがいいですね。



 だーるまさんが



 こーろんだ...


 にげろーーーーーっ!



 童歌や古典的な遊びは

 何十年 それ以上に受け継がれます。


 ...不思議なものですね。





 そろそろ宿に帰ってお昼でしょうか?






 午後は川遊びもあります。


 しっかり食べておこう。




 (よく噛んでね...。)






 よく噛んでね...(笑)。










 さぁ 出かけよう!







 山間の支流は流れが穏やかで

 澄んでいて冷たく


 午前中に遊んで火照った子どもたちを

 スーーーッと クールダウンしてくれます。


 ここは普段 きっととても静かな場所。

 山と川の神様 少しだけ遊ばせて下さい。






 写真を見返すと



 子どもたちの歓声が



 跳ね上がった水しぶきの音が



 記憶をたどって耳に聞こえてくるくらい



 楽しく響いていました。



 来られて

 本当に良かったです。








 川から上がった子どもたちが

 芝生の庭に戻ってきました。



 お、スイカ割っ!

 夏ですっ!!


 ん...ちょっと違う方向(笑)。






 見てる方はオモシロイ(笑)。



 パカッと割れなかったけど



 たべちゃおーーーー!





 あ その顔


 「プッ」やるつもりだ、「プッ」。




 じゃ 宿に帰って着替えをしたら


 夕涼みにしようか。






 着替えを終えた子どもたちが

 集合しています。



 なにか、始まるようですね。










 劇団このみ @ ふるさとの宿



 どこからどう見ても白雪姫にしか見えません。

 バケツに水を汲み お掃除に励みます。



 7人のこびとに無事に会えたようですね。



 こびとはお仕事に出かけます。






 あぁぁっ


 わかっていても食べてしまう...






 バタッ...

 白雪姫ぇ〜〜〜




 劇場が 深い悲しみに包まれます。






 待ってました!


 ...どこからどう見ても王子様。






 ハイっ 元通り!


 めでたし、めでたし。





 最後にキャスティングを披露し

 温かい拍手に包まれました。



 今年も寸劇、大成功♪







 日が陰りはじめました。



 キャンプファイヤーの時間です。





 やっぱり


 体をいっぱい動かして踊ることが






 大好きです。






 夕焼けです。


 2日目の 夜が来ます。






 花火とは


 言葉通りです。





 地上に咲き


 空に咲く花のようです。




 山の暗がりの中で

 散りゆく光の閃光や粒は

 みんなの瞳には

 どのように映りましたか?



 長い1日が終わります。

 明日 山を下ります。







 (閑話休題)

 毎年恒例の肝だめし ...の、あと。


 今年もいっぱい泣きました。

 あとでおじちゃんが種明かし(笑)。

 安心して眠ってね








 - snap shots -

 


 親元を離れることは

 簡単なことではないけれど





 気持ちの準備をさせてあげて

 勇気を出して 一歩を踏み出してみると




 おおよそ次は

 向こうから自信がやって来てくれます。


 そんな体験を

 あといくつ宿してあげられるでしょうか。




 いつも上手にいくわけではないし

 都合よくいかないことが多いけど


 3歩進んで 2歩下がる

 くらいのつもりで挑戦していこう。



 見つかることが 必ずあるから。






 






 3日目につづく