冬山お泊り保育 1日目
(2016年1月29日)



 出発の日の朝を迎えました。



 外はあいにくの雨模様。

 今日から1泊2日のお泊り保育。


 山荘が

 子どもたちを待ってくれています。







 目指す小田深山の中腹は

 先日までに降った
雪が

 あちこちに残っています。


 空気が冷たくなってきました。








 子どもたちが到着したようです。

 これから山荘での生活が始まります。


 家族と離ればなれですが

 大丈夫でしょうか?
 



 早速、山荘の様子や

 そこでの生活ルールを学びます。


 









 初日の昼食のお当番は

 ふじ組さんのようです。


 配膳が整ったようですね。




 毎年恒例

 宿の大鍋で煮込まれたカレーが

 子どもたちを待ってくれていました。







 肉や野菜を

 大鍋でふんだんに煮込むので

 本当に美味しいです。





 お腹いっぱいになりましたか?


 体がポカポカして

 元気が出てきたようです。


 さて  昼食を済ませたら

 お片付けの話を聞きます。


 山荘では、自分たちのことは

 できるだけ自分たちで行います。




 こうして

 小学校以降の集団生活へ備えます。


 自分のことだけでなく

 まわりのお友だちのことにも

 自然と心配りができますように。








 おや なにやら広〜いスペースが。


 そうなんです、獅子越荘さんが

 ゲレンデの休憩所を貸切にして

 子どもたちが自由に使えるように

 して下さいました。


 先生たちが雨天を予想して

 事前にいくつもレクリエーションを

 用意して山に上がりました。




 たとえば

 男女別クラス対抗ループリレー!

 思いのほか燃えます(笑)!!





 椅子取りゲームならぬ

 座布団取りゲーム!!


 大勢いるからできる遊びを

 楽しみます。


 この他にも

 先生たちが考案した

 パズルを解いて宝の在りかを見つ出す

 獅子越荘全体を使った

「宝探しゲーム」をしたりしました。


 雨の合間をぬって

 山肌の雪や氷を

 取りに行ったり



 おじちゃん達が作ってくれた

 雪だるまを見に行ったり


 合宿生活のような時間を

 過ごしていきます。







 子どもたちが休憩所に戻ってくると

 会場設営が始まっていました。



 この冬も登場

 劇団このみ@獅子越荘

 はじまりはじまり






 大きなカブ




 抜けませんね...

 助けが要りそうです。


 困ったおばあさんは

 (童話だとまず孫娘が登場...)

 とても元気な...

 童話の世界には居なさそうな...

 〇代目風の孫娘...。


 それでもカブは抜けません。


 困ったおばあさんは

 (童話だと次は犬ですが)


 安心して下さい。

 はいてますよ。


 (...だいぶズレてきましたね。)


 困ったおばあさんは

 (次は猫のはずですが)


 ダメよ〜 ダメダメ


(...ついに人間じゃなくなった。)

 その後も


 バンビーノに五郎丸...

 もう なんでも出てきます。



 ...カブが抜けた!!


 そして

 なぜか大盛り上がり(笑)。




 キャスティングを紹介し


 劇団このみ

 この冬も大盛況!






 さて

 夕食の時間がやって来たようです。


 夕食の当番はきく組さんですね。




 さすがにお腹が空いていたようです。

 しっかり食事できました。






 朝からの移動があって

 疲れが出ないか少し心配しましたが


 それぞれ大丈夫な様子です。



 食事が終われば

 また ちゃんと自分たちで

 片づけを行います。


 繰り返し繰り返し

 習慣にしていこう。







 さぁ

 お風呂を済ませた子どもたちが

 それぞれの部屋に入ります。



 ぐっすり眠れるかな?

 おやすみなさい。












 (1日目 後記 - Snap Shots - )





 夏山から

 季節が2つ

 うつろいました。







 友だちと

 どんな時間を過ごしましたか?






 先生たちと

 どんな時間を過ごしましたか?



 誰かと一緒に居ること





 誰かと一緒に過ごすこと


 



 人とのかかわりを


 楽しいと思えるようになって


 小学校へとつなげてあげたいです。






 明日 晴れますように。












 (2日目につづく)