夏山お泊り保育(1日目)
(2016年7月21日)



 1学期が終わり

 子どもたちが夏山に向かう

 暑い夏がやって来ました。


 今年は欠席児ゼロ。

 全員そろって出発できます。


 これからお家の方と

 離れ離れになるけど

 昨日はよく眠れたでしょうか?


 大丈夫そうですね(笑)。



 バスが幼稚園をあとにします。


 夏山お泊り保育

 はじまり はじまり。








 上へ上へ

 山の奥へ

 子どもたちを載せたバスが進みます。










「冨士山(とみすやま)」に到着したようです。


 今年の7月は台風の影響がなく

 お泊り保育を絶好の天候で迎えられました。


 澄んだ青い空 色濃い山の緑

 気持ちよさそうです。


 休憩をとったら


 のびのびと遊ぼう。






 ひょいひょいっと。


 大人の心配をよそに





 身軽な子どもたちは


 夢中になって遊びます。





 広い公園には


 いろいろな遊具があるので


 
 



 どれで遊ぶか


 迷いますね。


 



 幼稚園にはない遊具で


 子どもたちは楽しそうに過ごしています。
 



 


 思い思いに遊んだら

 冨士山(とみすやま)の頂上に向けて

 子どもたちは出発します。
 


 この長ーーーい階段を

 ひたすら上っていきます。



 


 まだまだ階段は続きます。



(かなり大変になってきました...)
 




 



 山を越えてゆくと


 山道が一気に開け

 子どもたちの目の前に

 街を囲む山々の景色が広がります。





 さっきまでクタクタでしたが

 今は目がキラキラしています。







 肱川流域の一望をあとにして

 子どもたちが展望台に到着したようです。



 



 ずいぶん遠くまで来たね。



 さて 宿に向かおうか。










 子どもたちを乗せたバスは

 更に山奥へと進みます。





 そうして日が少し傾きかけた頃

 今日からお世話になる宿に着きました。







 ご挨拶を終えて

 いよいよ山宿生活です。



 どうぞよろしくお願いします。





 


 グループに分かれて荷物の片付けを終えたら



 お風呂やトイレのある場所

 生活環境やルールを確認していきます。




 


 食事を終えて一休みした子どもたち。

 お風呂にも入りました。



 すっかり日が落ちました。

(お、こんな元気がまだ残っているのか。


 寝床の支度が始まっています。




 こちらはなんの相談でしょうか?


 あちらもまだまだ眠そうではありませんね。



 元気そうな表情を見て


 とても安心します。


 (いつになったら寝るんだろう...。)


 おーーーい

 そろそろ消灯時間だよーーー。


 (2日目に つづく。)






 






 - snap shots -

 


 友だちがいるということは

 なんと心丈夫なことでしょうか。






 自立の時は近いのでしょうか?



 しっかりと行動できる

 頼もしい君たちを見ていて

 毎年のように思うことがあります



 いつのまに成長していたんだろう...。




 さぁ


 明日は、

 なにが待ってくれているのでしょうか?



 sweet dreams ...