夏山お泊り保育(3日目)
(2016年7月23日)




 3日目の夜が明けます。







 先生たちの見回りや




 山を下りる準備が始まっています。


 今日も晴れ。








 起床した子どもたちが

 それぞれ身支度を始めたようです。









 昨日は1日よく動いたので


 さすがに少し眠そうです...。









 朝のご挨拶。



 今日が誕生日のおじちゃん

 子どもたちから

 歌のプレゼントをもらいました(笑)。


 さぁ ラジオ体操をして

 からだを起こしてあげましょう。








 下山の前に

 3日間子どもたちに付き添って下さった

 あすなろの先生たちから 恒例の

 パラシュート・ハントのプレゼント。





 空から降ってくるパラシュートを

 追いかけます。


 


 これでようやく

 目が覚めるかな?



 よーーーい...

 ドンッ!







 朝食の準備



 食事の後の歯磨き







 一つひとつ

 きちんとこなしていきます。



 部屋の片付け


 のはずが... 毛布の山登り?

(コラーーーッ

 おりなさーーーい(笑)!)
 


 クラスで朝のつどいです。



 


 山での生活を

 みんなで振り返ります。



 どんなことを感じたのでしょうか。




 まだ少し身に余るほどの

 大きなリュックを背負う姿が

 頼もしく思えます。









 先生たちの下山前の準備が整いました。


 おじちゃんたちがバスの点検に向かいます。




 子どもたちが出てきました。


 お世話になった山宿の方たちに

 お礼を伝えます。



 


 山での生活を終え







 子どもたちが

 山を下ります。











          


 ホールに子どもたちの声が響きます。





 今年も

 こうして2泊3日の冒険が

 無事に終わりを迎えます。











          




 - snap shots -

 


 いつもの教室を飛び出して








 支えてもらいながら




 そして

 時には自分も支える側になりながら


 みんなで生活をおくりました。



 今はまだ

 誰かに手を引いてもらっているけれど




 そんな君たちも




 いつか誰かの手を引くようになるのです。

 それはまだ 少し先かもしれないけれど

 必ずそんな日がやって来るのです。


 これからも

 いろんなことを経験していこう。








          


 PostScript:


 はるま君 これで離れ離れです。

 でも いつかきっとまた会おう。

 そう思っていると

 そんな幸運がやって来てくれる気がします。

 










          - 完 -