冬山お泊り保育 1日目
(2017年1月27日)



 1月も終わりを迎えようというある日の朝



 普段とは装いの違う子どもたちが


 いつものホールでくつろいでいます。




 ...なんだか楽しそうですね。




 はじめの集いが始まりました。






 今日から1泊2日のお泊り保育。

 今年も小田深山を目指します。



 子どもたちを乗せたバスは街を離れ


 山の中へと進みます。




 すっかりと緑に囲まれる頃には

 子どもたちの目の前に


 こんな景色が広がります。





 窓に触れると

 外の空気がとても冷たいことに

 気がつきます



 今日からお世話になる山荘に

 子どもたちが到着したようです。








 さぁ 山荘生活のスタートです。


 館内の様子や生活のルールを学び、

 それからそれぞれの部屋に入ります。


 



 片付けを済ませた子どもたちが

 昼食をとりに

 別棟に向かいます。











 初日の昼食当番はふじ組さんです。


 いつもの園生活のように

 お当番がみんなの準備を整えます。

 お当番活動は

 小学校へ向けた準備の一環です。




 肉や野菜を大鍋で煮込む名物カレー。

 ...とにかく美味しい!





 昼食後にはいよいよ雪山遊びです。

 まずはしっかり腹ごしらえを。





 山道の疲れも無さそうで

 しっかり食べられます。


 「おかわりーー!!」




 片付けも 自分たちで。


 自分のことだけでなく

 まわりのお友だちのことも考え

 共同生活を送ります。








 さて

 着替えを済ませた子どもたちが

 山荘から出てきました。


 どうやら地面がツルツルするのが

 ちょっと楽しいようです。



 1月中旬以降にしっかり降った雪が

 子どもたちを待ってくれています。


 雪のコンディションが

 とてもいいそうです。







 まずは あすなろの收先生から

 ソリの扱いについて指導を受けます。



 そして...






 スターーートッ!





 サァァァーーーーー



 雪山の斜面に

 子どもたちが溶け込んでゆくようです。



 子どもたちの瞳が

 キラキラと

 輝いています




 雪をかき集めたり


 リフトコンベアで移動したり




 お友だちや先生と

 いつもの街では

 見かけない世界を




 (あ...

  クマ...

  今年もいた!)



 楽しんで

 味わって

 体感しています。





 本当に



 こういう時間は





 あっという間に

 過ぎてしまいます。


 珍しいことが

 ありました。

 施設の方が

「きっと楽しいから」と

 降雪機を稼働して

 子どもたちに

 雪を降らせて

 くれました。



 ...が、降らせすぎたようで

 こうなりました(笑)。


 子どもたちは

 大はしゃぎでした。




 いつまでも

 いつまでも

 山を滑っています。




 子どもたちの表情を見ると

 「山にあがって良かった!」

 と心から思います。







 みんなが休憩所に戻ってくると

 会場設営が始まっていました。



 今年の冬も登場

 劇団このみ@獅子越荘


 これがなんのストーリーのパロディか

 ご想像はつきますか?





 そうです


 子どもたちでも想像つかない



 桃太郎!

(...このメンバーで鬼退治。)


 ペンを刺したリンゴでどう鬼を退治

 するか、深くは考えません。

 でもアンパンマンやドラちゃんが

 いるので、鬼にはきっと勝てます。







 ...さて

 日が暮れて

 山荘に明かりが灯り

 夕食の時間がやって来ました。




 夕食の当番はきく組さんですね。


 みんなの分を

 整えていきます。



 移動があって

 雪山で遊び

 夕べのつどいのあとの

 夕食です。

 お腹はペコペコ。



 かなり疲れているはずですが

 しっかり食べられているようで

 ホッとします。



 ゆっくりでも

 さいごまでしっかり食事できました。


 (なんとなく...

 のんびり食べている方が

 楽しそうでした。)






 お風呂を終えた子どもたちが

 寝床に入ったようです。



 でも まだまだ寝そうにありません。


 また明日も朝から雪山です。

 ぐっすり眠れるといいなぁ...。












 (1日目 後記 - Snap Shots - )





 シャッターを切るたびに






 その表情や振る舞いを見るたびに




 子どもたちが





 あっという間に

 成長していってしまい



 お別れが近づいているのを








 ふと寂しく思う季節になりました。





 それはちょっとの間忘れて







 一緒に過ごすことのできる時間を


 



 もうちょっとだけ






 楽しもう。
 



 みんなの成長を


 もうしばらく

 先生たちみんなで見つめています。













 (2日目につづく)