国体までの道
(2017年9月2日〜23日)




 これまで


 国体(国民体育大会)の生い立ちなど


 詳しく考えたり調べたりすることは


 なかったのですが、


 今年、その国体フィナーレとなる閉会式に


 子どもたちが出演するという名誉を預かり


 少し紐解いてみました。





子どもたちをスタジアムに運んでくれるバス(9/2)








 国体の歴史は古く、


 第一回の開催は


 終戦後となる1946年までさかのぼります。





 そしてその後一度も途絶えることなく開催され


 今年、愛媛県政史上初めてとなる


 愛媛単独開催(会場は一部他県)として


 開かれることになりました。




 また、今大会のスローガン


「君は風 いしづちを駆け 瀬戸に舞え」は、


 その自然豊かな愛媛の風土を見事に表し、


 好評を博しているようです。










 国体式典への出演が正式に決定したのは


 今年の春のことでした。





 1学期のうちに


 体操の先生がご来園下さり


 ポイント指導を受けました。


 そこからコツコツと練習を始めました。





 体操の先生のお話では


 もともと、子どもたちが踊る「えがお体操」は


 小学生向けに作られたそうで


 幼児には少し複雑な動きだそうです。


 確かに、足や腕の角度や回転の方向といった


 決まりごとや順番が


 子どもたちには難しそうでした。





 体操以上に 思いがけず難しいのは、


 入場の隊列からピッチ上の列に移行する瞬間に


 ピッチ上での立ち位置を正確に覚えておいて


 全ての子どもが動きながら立ち位置を


 見つけ出し


 そこへ移動していかなければならないことかも


 しれません。





 そのため、


 回数が限られる現地での練習では


 全ての動きを覚えることは到底無理です。







 そこで


 自分たちで練習会をしようということに


 なりました。


 そんな時に松前町さんが相談に応じて下さり


 2日間 子どもたちに松前公園を


 貸して下さいました。





 天候にも恵まれ


 2日間のうちの1日は、


 式典の出演パートナーである


 慶応幼稚園さんと


 合同練習を行うことができました。





 先日のスタジアムでの練習会の時に


 本番のピッチにどのように目印が打たれて


 いるかわかったので、


 練習を行うにあたっては


 同じような目印を用意して


 練習を繰り返しました。


 子どもたちは


 少しずつ上手になっていきました。





 閉会式典本番までにピッチに立てるのは


 あと1回だけ。


 それまでに たとえおぼろげにでも


 なんとか動きを覚えられるように


 練習しました。





 9月23日(土)


 いよいよ


 チャーターバスに乗り込んで


 会場内駐車場から控所に向かう動線や


 会場入りする動線や


 入場ゲートでの合図


 そこからピッチに向かい


 パフォーマンスを行い


 決められた退場ゲートから退出する


 そして控所に戻ったあと


 会場内駐車場に戻って会場を離れる


 という、本番仕様でのリハーサルに


 子どもたちが臨みました。





 先日の練習会の際には


 まだ使用が始まっていなかった


 火台(きょかだい)には火が灯り


 メインスタンドの来賓席が完成し


 メインエントランス周辺は


 本番に向けた会場設営が進んでいました。





 大勢の大会関係者に囲まれながら


 子どもたちは会場入りしました。





 緊張するような様子はなく


 むしろなんだか楽しい雰囲気なので


 みんなキョロキョロしながら


 会場内を歩いていました。





 その間


 少林寺の演武に参加する末光先生や


 他の演目で出演される在園児のお婆様に


 声をかけて頂いたり、


 楽しい雰囲気を感じていたようでした。





 入場ゲートに配置すると


 誘導係の方や先生たちの指示が飛び


 式典開始を告げる太鼓が鳴り響きます。





 出番が来るとみんなで手をつなぎ


 トラックを通り


 ピッチに子どもたちが散っていきます。





 最初は真っ直ぐ並ぶことも困難でしたが


 子どもたちは動きながら


 なんとか目印を目で追い


 縦と横を揃えていきました。





 大人にとっては造作もないことですが、


 あの巨大空間の中で自分の立ち位置という


 1点に立つことは、


 よほど集中していなければ


 たやすいことではありません。





 無事に体操を終えたあと


 一礼をし


 子どもたちが退場ゲートに向かって


 走ってきました。


 なんだか楽しかったのか


 ホッとしたのか


 ニコニコしながら駆けてきました。


(あ、そうだ...笑顔で退場するまでが

 演目だった...。 笑顔、ヨシッ!)





 スタジアムをグルリと周り


 控所に戻ってきた時は


 幼稚園に居るいつもの子どもたちに


 戻っていました。


 退出の時刻を待っている間


 ワイワイと遊んでいました。





 子どもたちは


 こんなひと月を過ごしてきました。


 どうかお天道様


 当日は晴天になりますように...。








練習会に向かう子どもたち(9/2)




会場練習直前の子どもたち(9/2)





 いよいよピッチに登場(9/2)




初めての立ち位置確認(9/2)




松前公園での練習(9/8)




できることを一つ一つ...(9/8)




何度も繰り返します(9/8)




再び松前公園で練習(9/13)




合同練習を行う子どもたち(9/13)




会場のマーカーを真似た立ち位置の目印(9/13)




体操も随分覚えてきました(9/13)




総合リハーサルへ向かう子どもたち(9/23)




順路に沿って会場入りする子どもたち(9/23)




炬火台が設営されています(9/23)




スタジアムが国体仕様に仕上がっています(9/23)




大勢の大会関係者が準備を進めています(9/23)




控所の子どもたち(9/23)




入場ゲートに控える子どもたち(9/23)




入場直前の子どもたち(9/23)




先日の練習会よりずっと上手になりました(9/23)




体操もさまになってきました(9/23)




退場は駆け足で元気よく(9/23)




控所に戻ってきた子どもたち(9/23)




水筒積み上げ大会(9/23)




どれだけ乗れるか大会(9/23)




なんだか楽しそう大会(9/23)




準備が整ったメインゲート付近(9/23)




さぁ 幼稚園に帰ろう(9/23)














          - 完 -