運動会までの道
(2018年 9月)




 風吹かば 吹け

 雨降らば 降れ


 俳人 正岡子規が

 生涯の友 秋山真之を

 そっと送り出したときの句の一説。


 練習をしない言い訳を探すのではなく、

 どうすれば練習ができるのかを考える。


 子どもたちと先生たちは

 そうやって過ごしてきました。







 まだ強い日差しが注ぐ二学期


 クラスごとの練習は

 5月から始まっていたのですが



 運動会に向けた

 学年ごとの練習が

 いよいよ始まりました。


 雨上がりで

 グランド練習ができないときには



 ホール

 そして


 プレイコートを順番に使い


 少しずつ 少しずつ


 地道な練習を

 積み重ねてきました。






 
曇り空でも

 グランドが使用できれば


 出かけていって

 場所を知り




 まずはやってみて


 経験値を高めたり

 感触を得たりします。





 初めてのことを

 初めて行い





 


 一歩一歩

 階段を踏みしめながら

 上っていきます。





 



 走って



 走って



 本番をイメージしながら


 今日も走り続けます。




 


 秋空の雲は

 どんよりですが






 考えようによっては

 子どもたちを強い日差しから

 守ってくれる恵でもあります。



 準備。


 自分たちでも

 できるようになってきたね。



 華やかなリング・バトンや

 カラー・ガードが

 太陽の代わりに

 鼓隊を明るく照らしてくれます。



 さぁ、今日も練習っ!


 練習すると

 反復すると

 やがて、できるようになる。


 これもひとつの

 実りある体験です。





 


 晴れたぁぁぁ〜〜




 ハーモニー(調和)も

 コンペティション(競争)も


 両方あるのが運動会。


 今日は真剣勝負。



 ライバル登場




 年長になると

 競争心が芽生え

 そのぶん緊張も

 そして熱意や集中力も

 高まってきます。



 最後まで走りきり


 バトンをつなごう。







 あ、

 列車がキレイにできてます。


 年少さんのリズムの練習




(上手に動けるように

 なってきたなぁ...)


 それにしても、

 どう動いても

 カワイイですね(笑)。




 そうそう

 グランドでしかできない

 入退場も

 覚えていかなきゃね。








 年中さん


 動きを覚えていくだけでなく

 動きを整えるハーモニーが

 必要です。




 うまく動きを

 ほかのお友達と

 合わせられるかな?


(...ハッ カメラ目線(笑))






 すごーーーい...


 練習してきたことが

 表現できていくね!




 本当に一歩一歩...



 そして ドンドン




 できていきます。


 できるようになったね!!







 いつか





 思い出してください。






 始めてはみたけれど






 うまくいかない時に。




 続けていれば



 やがて

 できるようになることを。



 できない時は



 できるようになるその瞬間を



 迎えるまでのその途中を


 歩いているだけだということを。



 そのことを証明したのは


 ほかの誰でもなく




 自分だということを。








 風吹かば 吹け


 雨降らば 降れ



 それでも僕たちは


 努力を続けます。








 これまでも、

 これからも。















   2018年9月

   第42回運動会に向けて


   完






 (追伸)

 毎年、子どもたちの練習や運動会のためにグランドを使用させて下さる帝人関係者の皆様、

 この場をお借りし、教職員一同より深く感謝申し上げます。